2018年開始 iDeCo運用実績 40代からのiDeCo(イデコ)

2018 iDeCo 運用実績報告

2018年10月から楽天証券でiDeCo(個人型確定拠出年金)を始めました。

この記事では、2018年のiDeCo運用実績をまとめました。

目次

2018年 40代から開始のiDeCoの掛け金と投資信託

2018年10月から開始したiDeCoの掛け金と投資信託は以下の通りです。

  • 掛金:月1万円
  • 引き落とし:ゆうちょ口座
  • 投資信託:楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 運用管理:楽天証券

楽天・全米株式インデックス・ファンド詳細(楽天証券HP)

はるくま

40代ですが、iDeCoは米国株全ツッパにしました。

2018年iDeCo(イデコ)運用実績

iDeCo(イデコ)2018/10~2018/12(3ヶ月間)の運用実績は以下になります。

iDeCoの運用実績
  • 資産評価額:24,025円
  • 運用金額:26,786円(掛金額3万円 - 手数料5,226円)
  • 評価損益:-2,761円

評価基準日:2018年12月31日

2018年12月末時点ですと、マイナスです。

なお、拠出金額は3万円ですが、iDeCoは事務手数料がかかります。

年月拠出金運用金額手数料
2018/10¥10,000¥7,120¥2,880
2018/11¥10,000¥9,833¥167
2018/12¥10,000¥9,833¥167

iDeCoの手数料について(楽天証券)

掛金1万円だと手数料の負担、地味にきます。

2018年iDeCo資産推移

2018年のiDeCo資産推移
2018iDeCo資産の推移(楽天証券)

それぞれの月の時点での投資累計額と、評価額をまとめました。

年月投資累計額時価評価額評価損益
2018/1226,78624,025-2,761
2018/1116,95316,912-41
2018/107,1206,776-344

2018年は10月から年末にかけて株価が下落しました。下記のチャートはS&P500 インデックス指数です。

なので、私のiDeCoの投資信託の配分も米国株100%で、iDeCo開始早々から、含み損スタートとなりました。

積立額が少ないうちはそんなに気になりませんが、2018年12月はかなりの人が含み損を抱えていたと思います。

資産推移のグラフは、楽天証券>iDeCo>資産の推移から確認できます。

楽天証券 iDeCo 資産の推移

2018年開始 iDeCo運用実績まとめ

40代で2018年から開始したiDeCoの運用実績の結果でした。

開始早々、2018年10月から株式市場が失速したため、含み損状態でしたが、積立開始当初ですとそこまで気にならなかったです。

どちらかというと、初月手数料そんなに取られるのか!とちょっと思いましたね…。確認不足でした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる